木の飾り

麻呂はダイエット頑張るでおじゃる!

筋トレによる疲労骨折や超回復、筋肉痛になる原因を紹介します。

木の飾り

筋肉痛になる原因

運動をしたあとに悩まされる筋肉痛ですが、どうして筋肉痛は起こるのでしょうか?筋肉痛が起こるメカニズムということについては、実は医学的にははっきりと解明されていませんが、いくつかの説が存在しています。一つは乳酸の蓄積によるものです。



運動を行うことで疲労物質である乳酸が生み出され、これが筋肉に蓄積することで痛みが生じるというものです。ですが、この説については矛盾点がいくつかあるということで今では乳酸が原因であるという説はあまり正しくはないのではないかと言われています。有力な説としては運動をすることで使った筋肉の筋線維が傷つき破壊されるため、この修復を行おうとするときに痛みが起こっているのではないかというものがあります。


筋線維が修復される際には血液成分が集まり炎症が起こってきます。この炎症によって刺激物質であるヒスタミンやセロトニン、ブラジキニン、プロスタグランジンなどが生産されて筋膜を刺激します。この刺激が感覚中枢を介して痛みとして感じられるという説がもっとも有力とされる筋肉痛の原因となっています。

超回復とは

筋力トレーニングを行うと、筋肉は傷ついてしまいます。この筋肉の傷みが回復するために必要になる時間はトレーニングの方法などによっても異なりますが、おおよそ24時間〜48時間かかるといわれています。ですが、筋肉が回復するときには単純に傷みを回復させるだけではなく、同じようなダメージを追っても筋肉が傷まないように以前より強い筋肉として修復されます。このダメージから回復するときに以前よりも強い筋肉として修復されることを筋肉の超回復といいます。



この筋肉の超回復が起こる前に筋力トレーニングをしてしまうと、筋肉の強さ高まらないうちにトレーニングを行って再び筋肉の組織が壊れてしまいますので、回復に時間がかかるだけではなく筋肉を強くしていくことが出来ません。そのため、筋力トレーニングを行う場合には、鍛えることだけではなく休息をするということも非常に大切になってくるということになってきます。ただ、筋肉の休息が長すぎると筋力は元に戻ってしまいますので、適切な休息時間を取ることが必要になってきますので、この点は気を付ける必要があります。

過負荷の法則とは

トレーニングを行う場合には、ある一定以上の負荷をかけなければ、なかなかトレーニング効果を得ることが出来ません。また負荷は徐々に体が順応していつも同じ負荷をかけ続けると体は順応してしまうため、次第にトレーニング効果を得ることが出来なくなっていきます。


そこで、トレーニングを行う時にはある一定以上の負荷をかける必要があるというのが、過負荷の法則といいます。この過負荷の法則にのっとってトレーニングをするためには、いくつかの方法があります。一つは運動量は同じのまま、負荷をプラスしていく方法です。例えば、自重でスクワットを1セット10回ずつ、5セットのメニューを行っていたのであれば、5sの負荷をプラスして1セット10回ずつ、5セットのメニューを行うという方法です。逆に負荷は同じまま、運動量を上げるという方法もあります。



例えば1セット10回ずつを5セットから7セットに増やしたり、1セット15回ずつの5セットにするという方法です。過負荷のかけ方によって筋力トレーニングで得られる効果も変わってきますので、どのような効果を得たいのかなどを考えて過負荷をかけるようにしましょう。

筋トレによる疲労骨折とは

転倒したりぶつけたりして起こる骨折とは異なり、疲労骨折は同じ部分に負荷が何度もかかり続けることで起こる骨折です。この疲労骨折は決して強い負荷をかけて筋力トレーニングを行ったからといって起こるわけではなく、持久力を高めるために行うような軽い負荷で回数を多く行うタイプの筋力トレーニングでも起こることが多くなっています。


疲労骨折はまず細かいひびが骨に入っていき、最終的に完全に断絶してしまいます。この細かい日々が入っている状態で発見することが出来れば短期間での治療が可能になってきますが、完全断絶までになると非常に長期間にわたる治療が必要になるという特徴を持っています。



少ない負荷で回数を重ねるタイプの筋力トレーニングを行っていて、運動をしているときに少し痛みがあるものの、運動をやめると痛みが治まるというようなときには、この疲労骨折が起こっている危険性がありますので、早めに整形外科などを受診して治療を開始することが望ましくなります。運動を続けるとより悪化してしまいますので、運動中に痛みを感じる時には受診をしてください。

木の飾り

痩せる記事

木の飾り
Copyright (c) 2017 麻呂はダイエット頑張るでおじゃる! All rights reserved.
木の飾り